グリーンゼリーにリアクションはない

アルカリ性のグリーンゼリーですが、注射器という模様の小分け荷作りになっています。それを膣内に挿入し、膣タイミングがアルカリ性に満たされる投入後者5パイほど過ぎた頃に性交するように決める。一般的にはその方法なのですが、当然製品品評を一心に読んで使用してください。投入するとなると心配なのが反発やベイビーへの異変が起こらないかという心配です。ただ、アルカリ性にするための根本の元は重曹などです。逆に母親を産みたいという場合は酸性にするためのピンク色ゼリーが使われていますがその主成分はお酢。いずれにしても反発も速くセキュリティーの高い製品なのです。
ただし、他国製のものの中には根本ラベルがないアイテムもありますし、粗悪な状態のアトリエで作られていた場合には衛生面も心配です。ベイビーと母体につきを考えるのであれば和風性のもの、それも販売元がしっかりしているものを選ぶ必要があります。母科で診断してもらった上で処方してもらうとよいでしょう。
一際男子を産みたいからとグリーンゼリーを何本も扱うなど使い方実力を無視したやり方だとダメージが起こらないとも限りません。
100パーセント望んだ性別が生まれるわけではありません。とにかくベイビーは天からの授かりものです。キャラがトータルをコントロールできるわけではないのです。できれば男子が・母親が生まれてくるといいな、という程度で行いましょう。著しく願いすぎると仮にあべこべの性別が生まれてしまった時折、ベイビーも母も災禍です。参照ページ